宮城県信用保証協会
利用企業者数 18,736企業
保証債務残高 3,062億円
平成29年3月31日現在
コンプライアンス態勢
個人情報の取扱い
保証協会の概要
保証をご利用できる方は
利用メリット
はじめての信用保証
主な保証制度
経営相談したい
開業・起業したい
専門家による経営改善指導を受けたい
売掛債権又は棚卸資産を有効に活用したい
売上ダウンや取引先倒産等になった場合
緊急時に備え保証の予約をしたい
経営診断サービス(MSS)
信用保証協会団体生命保険制度
採用関係


予約保証制度のご案内

制度目的 中小企業者、特に小口零細企業の一時的かつ緊急的な資金需要に応え、迅速な資金調達を支援することを目的とし、あらかじめ金融機関及び信用保証協会の審査を受け、将来の保証付き融資の予約を行うことを可能とする制度です。
申込人資格要件

次のいずれかの事由に該当する場合は、本制度の対象となりません。
1 同一事業の業歴が3年以上ない場合
2 申込金融機関との与信取引が1年以上ない場合
3 保証料率区分が「区分1」となる場合
4 保証料率の弾力化対象外となる場合(貸借対照表のない個人事業者、連帯債務形式による申込みなど)

貸付限度額 2,000万円
(ただし、本制度を「小口零細企業保証制度」としてご利用いただく場合は、500万円まで)
保証割合等 金融機関の選択した責任共有制度の方式によります。
(ただし、本制度を「小口零細企業保証制度」としてご利用いただく場合は、責任共有制度の対象外となります。(100%保証))
対象資金 事業資金 ※旧債決済資金は対象となりません
保証期間 5年以内
(ただし、本制度を「小口零細企業保証制度」としてご利用いただく場合は、10年以内となります)
貸付形式 証書貸付
返済方法 原則として均等分割返済
担保・保証人 担  保:必要に応じて提供していただきます。
保証人:原則として法人代表者以外の保証人は不要です。
信用保証料率 借入金額に対して、年 0.60%〜1.90%
(ただし、本制度を「小口零細企業保証制度」としてご利用いただく場合は、年 0.70%〜2.20%となります)
※通常の保証料率より1区分高い料率が適用されます。
貸付利率 金融機関所定利率
貸付中止事由 信用保証書発行後、貸付実行までの間に、次に定めるいずれかの事由が生じたときは、貸付が行われないこととなります。
1 申込人が、お申込いただいた信用保証協会の業務
区域内(宮城県) において事業を行わないこととなっ
たとき
2 申込人に対する債権について、延滞もしくは事故報
告書の提出事由が生じたとき
3 信用状況の著しい悪化等により、申込金融機関が
貸付を行うことが適当でないと判断し、信用保証協
会に対して申入れをしたとき
4 信用保証協会が申込金融機関に対して申入れを し
たとき
予約期間 365日(信用保証書の有効期間)
Copyright (c) 2006-2012 Miyagi Guarantee. All Rights Reserved.
文字サイズ_小 文字サイズ_中(標準) 文字サイズ_大