おすすめの保証制度

宮城県制度 がんばる中小企業応援資金

既存事業の見直しや新事業の実施などを通じて経営基盤の強化を図ろうとする中小企業者の皆さまを応援する制度です。

ポイント

  • 平成28年4月創設の新しい制度です。
  • 平成30年4月から融資限度額が2,000万円から3,000万円に引き上げになりました。
  • 平成30年4月から「協調支援保証」にも対応しており、
    保証付融資とプロパー融資を一緒に行うことで、適切な期中管理・経営支援を通じて、信用保証協会と金融機関が企業をご支援します。
  • 貸付利率は金融機関所定利率です。

保証の対象となるかた

事業の活性化や合理化などを図る既存事業の見直しや、新たな試みの実施ならびに信用保証協会と金融機関による期中管理および経営支援などを通して、経営基盤の強化を図ろうとする中小企業者

取り組み事例

  1. 設備に関する新たな取り組み
    ・ 既存施設の耐震改修、改装 ・新たな設備投資、買い換え ・新たな支店・事業所などの開設
  2. 設備関係を除く新たな取り組み
    ・海外展開 ・販路開拓 ・事業承継 ・マーケティング・市場調査 ・従業員の雇用拡大、人材育成 
    ・新商品の試作、技術開発 (企業・大学などの連携、共同研究を含む)
融資限度額 資金使途 保証期間 貸付利率 担保 連帯保証人
3,000万円 運転資金・設備資金
借換資金は宮城県中小企業制度融資によるものに限る(借入金額の2分の1以内)
7年以内
(据置2年以内)
金融機関所定 必要に応じて 原則法人代表者
以外不要

(単位:年率%)

保証料率区分
保証料率 1.59 1.45 1.35 1.25 1.10 1.00 0.80 0.60 0.45
  • 対象となる認定を取得しており、取得の事実について知事の確認を受けたことが分かる書類の提出があった場合は、0.2%の割引が適用されます。

必要書類

信用保証協会所定の申込書類のほか、県で定める要件確認書が必要です。

宮城県制度“伊達な旅”整備促進資金

県内観光客の利便性の向上、安全・安心の確保を目的として、外国人旅行者の誘客促進、既存施設の再利用、宿泊施設などの耐震改修など、観光施設の整備および改善を行うための制度です。

ポイント

  • 平成29年4月創設の新しい制度です。
  • 観光事業者の設備投資に適した制度です。
  • 保証期間が最長15年に対応した制度です。

保証の対象となるかた

観光関連事業を行うか、又は参入を予定している中小企業者などで次に掲げる観光施設、付帯設備の整備および改善を行おうとする中小企業者

観光施設

観光施設とは以下の施設であって、観光客の利用が見込まれる施設となります。

  1. 宿泊施設
    ・ホテル ・旅館 ・簡易宿所 ・民宿 ・ペンションなど
  2. 温泉施設
    ・日帰り入浴施設など
  3. スポーツ・レクリエーション施設、歴史・文化施設
    ・スキー場 ・野営場 ・体験型施設 ・博物館 ・郷土資料館など
  4. 食事休憩施設
    ・観光案内所 ・レストハウス ・道の駅 ・飲食店 ・土産物店など
  5. その他、観光客の利用が見込まれる観光施設
    ・農産物直売所 ・観光貸切バス ・遊覧船など
融資限度額 資金使途 保証期間 貸付利率 担保 連帯保証人
1億5,000万円 設備資金 15年以内(据置2年以内) 7年以内 1.55%
7年超 10年以内1.75%
10年超 1.95%
必要に応じて 原則法人代表者以外不要

(単位:年率%)

保証料率区分
保証料率 1.59 1.45 1.35 1.25 1.10 1.00 0.80 0.60 0.45

必要書類

信用保証協会所定の申込書類のほか、県で定める要件確認書が必要です。