事業計画の立て方

事業計画とは

事業計画書は、事業を行う方が思い描く事業のイメージや方向性等を実現するための実行プランです。

事業計画書作成の目的

1.事業の方向性の検証

自分の情熱や思いを持って開業しても事業がうまくいかないこともあります。その原因の1つとして無計画に開業してしまったり、事業計画の検証が甘かったということが考えられます。自分のイメージを具体的にまとめ、形にすることにより、自分の本当にやりたいことや方向性が見えてきます。

2.協力者や金融機関への説明資料

事業を開始するときには様々な方々の協力や支援が必要となってきます。そんな時に自身の事業を理解してもらうために事業計画は必要不可欠です。どんな場所で、どんなお店を開業するのか、収益を生み出すための仕組みが構築されているのか等を協力者や金融機関に提示することにより、自身への協力や資金調達を容易にすることができます。

事業計画書作成のポイント

  1. 事業構想を具体的に思い描きましょう。
  2. 事業内容を具体的にしましょう。
  3. 計画に実現可能性があるか検証しましょう。
  4. 収益を産み出す仕組みが構築されているか確認しましょう。
  5. 事業スケジュールを明確にしましょう。

事業計画書のイメージ

保証協会では 金融支援や事業計画作成等、お客様の夢の実現に向けた様々な支援を行っています。